万一のお葬式に備えて

お葬式の当事者となるタイミングは、私達の都合に配慮などなく、時に突然訪れてしまいます。ある程度覚悟と準備を整えていたつもりでも、いざその場に立たされると、不安と動揺から、頭の中で組み立てていた通りの行動ができないケースは珍しくありません。故人の家族という立場に突然置かれる展開を過程して、家族全員で共有と確認しておくべきポイントは次の通りです。

まずは喪主の決定です。お葬式の流れやその時々の儀式に際しての立ち振る舞いなどは、葬儀業者の担当者やと実の司会進行が指示や助言を届けてくれますが、家族の意思を代表してお葬式の進行を引っ張る責任者として、喪主を務める人間が必要です。故人の配偶者、次に男性の子の長男から順番、続いて女性の子の長女から順番、そして故人の両親と、喪主となる順番が決まっています。仮にどうしても単独で喪主を務めるのが心細い場合などは、他の家族がしっかりとフォローしてあげる姿勢が望まれます。

次にお葬式のスタイルの決定と、誰と誰に声をかけるのか、連絡という作業もまた、家族の誰かが担うべき重要な役割です。予期せぬ急逝で連絡先を見失ってしまい、大切な人物にお葬式を知らせられないなどの展開とならぬよう、事前に一覧表を作成し、家族の誰もが確認可能な体制を整えておくと良いでしょう。

そして故人の逝去とともに、速やかに葬儀業者への連絡が欠かせません。この時点で葬儀業者が見つかっていない場合、病院から紹介される業者の利用が可能ですが、そこには業者を吟味するなどの時間的余裕が見当たりません。たとえば家族葬を希望しているにも関わらず、その業者が一般葬儀にしか対応できなかった場合、後々後悔を引き摺ってしまうお葬式となってしまいます。早い段階から家族間で話し合い、お葬式のスタイルと、それにマッチした納得できるサポートが期待できる葬儀業者を確保しておく準備も大切です。その他参列する側の準備として、喪服や小物類など、お葬式参列に失礼のない一式を常備しておく、基本的なマナーを再確認しておくなど、社会人としての準備が欠かせません。