家族葬というお葬式への参列の判断に関して

家族だけで故人を見送る家族葬ですが、逝去の事実を親族その他、早急に知らせるべき相手に伏せたままにはできません。また一昔前と比較して、近所付き合いの密度も疎となる傾向が顕著な昨今ですが、やはり隣近所に逝去を伏せ続けることもできません。仮に家族葬を無事に済ませた後の事後報告となった場合、参列を希望された一部の方々から、家族葬と家族の対応に対する不満や批判的な意見が生じる可能性が否めません。故人との最期の別れの機会を与えてもらえなかった不満が、その後の故人の家族との良好な人間関係に影を落としてしまうとすれば、これは招かざる展開です。

こうしたリスクを回避すべく、家族葬に際してのお知らせの中、故人の遺志に基づく家族葬なので、家族以外の弔問や参列はご遠慮願いたい旨が明記された案内状が届くことがあります。こうした文章を受け取った際には、ご家族のご意向を思いやり、足を運ぶことを控えるのがマナーです。おくやみの言葉は家族が落ち着かれた後でも、越の機会に別の方法で伝えることが可能です。

私達の心理として、お葬式がとり行われることを知った以上、何を差し置いても最優先で駆けつけねばならない印象を抱きがちですが、全てがその限りとは言えません。とりわけ家族葬という、一般の参列者とは一線を画すお葬式を選択されている以上、諸事情と故人のご家族の気持ちに配慮の上、出過ぎた弔問や参列とならない判断が求められます。

また家族葬への参列のお声がけが届いた場合も、香典や供花のご辞退の旨が伝えられた場合は、家族の意向に従った対応がマナーです。香典を取り出し、受け取る受け取らないの押し問答となる場面を目にしますが、これは他の全ての方々にとっても迷惑かつ失礼な行為です。お葬式は故人を偲び見送る時間の共有の場です。どこからか家族葬が行われることを知り、いきなり駆けつける、家族以外はご遠慮いただきたい意向を承知の上で、それでも香典や供花などを自身の気持ちとして強引に届けるなどは、マナー違反となりますので覚えておきましょう。