家族もしくは遺族親族としてのお葬式

身内の故人のお葬式に際しては、その距離感によって各々の立ち位置が家族、あるいは少し距離こそ離れるも身内の範疇と解釈される遺族であり親族、いずれかで臨むことになります。お葬式は故人との最期の別れの時間を過ごす、宗教的儀式の要素が含まれる通夜から葬儀、火葬、そして精進落としから初七日を前倒しで繰り上げてとり行う、一連の流れの総称です。当然故人との血縁関係に基づく距離によって、お葬式を通じての役割も違いが見られます。

核家族化が進む昨今、故人に家族が見当たらないケースも見られ、昨今のお葬式においては、遺族と親族は同じととらえる向きが一般的です。故人に家族がいる場合には、家族がどのようなお葬式にするのか、すなわち一般葬儀にするのか家族葬にするのか、その他宗教色を薄めたお別れの会にするのかなどを決定します。対して故人に家族がいない場合には、遺族すなわち親族間で協議の上、どのように対処するのかを決めなければなりません。こうした状況下で意見の食い違いや金銭面負担のバランスなどから、人間関係のトラブルへと発展してしまうリスクが否めません。親族内に該当者がいる場合には、できれば早い段階から、各々の見解と立ち位置を明確にしておく必要性が見過ごせません。

家族は故人を失った直後の悲しみの中、通夜や葬儀に足を運んでいただいた方々を、お迎えから接待する役割を担います。お葬式全体の流れを取り仕切るのは、葬儀業者の司会者や担当者ですが、実際に先頭に立って式を進めて行くのは家族の中の喪主であり、遺族すなわち親族は参列者側の立ち位置です。ここで参列いただく相手を家族が決定する家族葬に際し、お声が掛からなかった親族から不満の声が生じないよう、故人の強い意志での家族葬とする旨をきちんと理解いただくなど、対親族への配慮が望まれます。

それが結果、家族にとって安心納得のお葬式を無事に終える上で、非常に重要な作業となります。家族間あるいは親族間の距離感と人間関係、その他の諸事情は全て異なります。お葬式に関して何らかの不安点をお持ちであれば、早い段階から信頼できる葬儀業者に相談しておかれると良いでしょう。